歌詞構成に関する傾向と対策

「燃えよドラゴンズ」は、通常、1番〜8番の歌詞構成となっている。
その基本構成(基本パターン)を時期による変化によって下記のようにいくつか定義できる。

<基本パターン>

イントロ
1番「遠い夜空に」で歌い出すファンが球場につめかけるのおきまりパート。
2番1番バッターから4番バッターのパート
3番5番バッターから8番バッターのパート
    間奏
4番投手パート
5番控え代打陣とルーキーのパート
6番コーチ陣パート
    間奏
7番他球団一蹴パート
8番「僕もあなたも願っている」監督胴上げおきまりパート

このパターンは「燃えよドラゴンズ」のベースとなるものである。
後年になるにつれて基本パターンから崩れていく傾向があり、特に5番以降は大きな変更が加えられているケースが多くなった。 このため、88以降は5番も投手パートになる、基本パターン2が定義できる。

<基本パターン2>

イントロ
1番「遠い夜空に」で歌い出すファンが球場につめかけるのおきまりパート。
2番1番バッターから4番バッターのパート
3番5番バッターから8番バッターのパート
  間奏
4番投手パート
5番投手パートその2
6番控え選手パート
  間奏
7番他球団一蹴パート
8番「僕もあなたも願っている」監督胴上げおきまりパート

99以降は他球団一蹴するフレーズがなくなり、基本パターン2の7番を見直した基本パターン3を定義する事ができる。

<基本パターン3>

イントロ
1番「遠い夜空に」で歌い出すファンが球場につめかけるのおきまりパート。
2番1番バッターから4番バッターのパート
3番5番バッターから8番バッターのパート
  間奏
4番投手パート
5番投手パートその2
6番控え選手パート
  間奏
7番控え選手パートその2
8番「僕もあなたも願っている」監督胴上げおきまりパート
次に、各曲のパターン適用を示す。

74基本パターン
V2基本パターン
771番〜3番、7番、8番は基本パターン通り。4番が控え打者陣、5番、6番が投手陣といった構成になっている
796番以外は基本パターン通り。6番は控え打者陣に変わり、コーチ陣は登場しない。
826番以外は基本パターン通り。ただし、7番の他球団一蹴パートではこの年で引退した星野、木俣が登場する。
87基本パターン
87B基本パターン
881番〜6番は基本パターン2の通り。6番は控え選手の他にもコーチ陣が登場する。
91A1番〜6番は基本パターン2の通り。7番も6番に続いて控え選手陣、8番は胴上げパートだが、他球団一蹴も含まれる。
1番〜5番は基本パターン通り(当然5番にルーキーは登場しない)。特別曲のため6番以降はどちらの基本パターンとも合わない。ただし、8番で胴上げは登場する。
91C1番〜6番は基本パターン2の通り。7番も6番に続いて控え野手陣、8番は胴上げパートだが、他球団一蹴も含まれる。
H5基本パターン2
98基本パターン2
991番〜5番、8番は基本パターン2の通り。6番も、4番、5番に続いて投手陣、7番が控え野手陣
特別曲のため8番以外はどの基本パターンとも合わない。
99V1番〜5番、8番は基本パターン2の通り。6番も、4番、5番に続いて投手陣、7番が控え野手陣
001番〜6番、8番は基本パターン2の通り。7番は控え投手+それを受ける捕手(吉原)
名M1番〜5番は基本パターン通り(当然5番にルーキーは登場しない)。特別曲のため6番以降はどちらの基本パターンとも合わない。ただし、8番で胴上げは登場する。
021番〜6番、8番は基本パターン2の通り。7番は6番に続いて控え選手
特別曲で、3コーラスしかない。
041番〜4番、8番は基本パターンの通り。5番、6番は控え選手、7番は控え投手
04ド特別曲で、3コーラスしかない。
05基本パターン3の通り。
特別曲で、3コーラスしかない。
06基本パターン3の通り。
06V基本パターン3の通り。
071番〜4番、8番は基本パターンの通り。5番、6番は控え選手、7番は控え投手
特別曲で、2コーラスしかない。
07V1番〜3番、8番は基本パターンの通り。4番、5番は控え選手、6番が先発投手、7番は日本シリーズ回顧
特別曲で、2コーラスしかない。
081番〜4番、8番は基本パターンの通り。5番、6番は控え選手、7番は投手
08球特別曲で、3コーラスしかない。
10基本パターン3の通りだが、7番の控え選手は野手と投手混在。
10球特別曲で、3コーラスしかない。
11基本パターン3の通りだが、7番の控え選手は岩瀬仁紀含む投手5人と野手の英智の混在。
14基本パターン3の通りだが、7番の控え選手も主力投手5人。
特別曲で、1番、8番以外はどの基本パターンにもあわない。7番に基本パターンの2番があてはまる。

「燃えよドラゴンズ」の特長でもある「遠い夜空」の歌い出し、打順による選手賞賛のパート、投手陣紹介パートは、上記基本パターンの1番〜4番に相当し、この部分は多くの曲で採用されている。また、8番の監督胴上げパートも細かい変更が施されているケースがあるものの、球場合唱編・命のかぎり以外の曲で採用されている。球場合唱編は、パ・リーグ球団が歌われるパートが追加になったことで3コーラスを維持させるために胴上げパートがなくなった。

「燃えよドラゴンズ!'99韓国三銃士」は、基本パターンの1番が削除され、基本パターンの2番が1番、基本パターンの3番が2番、基本パターンの4番が3番になり、4番がサムソン、5番が宣、6番が李、7番で3人をという構成になっている。

「ナゴヤドーム合唱編」は、基本パターンの1番、基本パターンの7番、基本パターンの8番の3コーラス構成に、 「球場合唱編」は、基本パターンの1番、基本パターンの7番が2つ続く3コーラス構成に、それぞれなっている。
2コーラスしかない「オールスターズ合唱編」「選手別応援歌2008収録版」は、基本パターンの1番と8番で構成される。
また、7番は「他球団一蹴パート」だが、99以降他球団一蹴フレーズが登場していない(合唱編除く)。

「燃えよドラゴンズ!命のかぎり」は、山本正之オリジナルアルバムでのリリースということで、特殊なパターンになっており、7番に打順の1番打者から4番打者のパートが登場する。

なお、間奏はそれぞれの基本パターン通り、すべて3番と4番の間と、6番と7番の間に入っている。


傾向と対策トップページに戻る


無料レンタル