歌詞の内容・表現に関する傾向と対策(2)


「決まり文句」に関する傾向と対策

「燃えよドラゴンズ」の歌詞にはいわゆる「決まり文句」となっているものが多い。
その「決まり文句」についてまとめた。

強気の勝負
星野仙一に代表される表現。星野仙一が選手として登場する6作品(74,V2,77,79,82,名,名M)のうち、 74, V2, 79 でこの表現が使われる。 79 では同じ明治大出身の高橋三千丈と一緒に表現される。
「燃えドラ30周年」となる04 では、原点回帰の意味もあって、やはり明治大出身の川上憲伸がこの表現で登場する。

華麗な守備
正岡真二に代表される表現。正岡と言えば「華麗な守備」。
正岡真二が選手として登場する5作品(74,V2,77,79,82)のうち、 74, 79, 82 でこの表現が使われる。また、往年の名選手編(,名M)では、一枝修平がこの表現で紹介される。

期待のルーキー
その年のルーキーが紹介される表現。
次の6曲で表現される。

選手
74藤波行雄
V2土屋正勝
79川又米利
82尾上 旭
87近藤真一
04中村公治

登場する条件としては、ドラフト1位(川又米利のみドラフト外)、一年目に一軍定着があげられるが、新人以上の活躍をした場合や打者でレギュラーメンバーになったりした場合は、別の紹介のされ方をするので登場する条件は微妙な活躍度となる。
ただ、最近はあまり使われていない。
新人ながら「期待のルーキー」ではなく、別の紹介のされかたをした新人選手は下記の通り。

藤沢公也 (77年ドラフト1位、1年後入団)(79)

高橋三千丈 (78年ドラフト1位)(79)

水谷啓昭 (78年ドラフト3位)(79)

立浪和義 (87年ドラフト1位)(88)

小島弘務 (90年ドラフト1位)(91A, 91C)

森田幸一 (90年ドラフト5位)(91C)

佐藤秀樹 (92年ドラフト1位)(H5)

鶴田泰 (92年ドラフト2位)(H5)

川上憲伸 (97年ドラフト1位)(98)

福留孝介 (98年ドラフト1位)(99,99V)

岩瀬仁紀 (98年ドラフト2位)(99,99V)

朝倉健太 (99年ドラフト1位)(00)

山北茂利 (99年ドラフト3位)(00)

中田賢一 (04年ドラフト2巡目)(05)

金剛弘樹 (04年ドラフト9巡目)(05)

沢井道久 (04年ドラフト11巡目)(05)

樋口龍美 (04年ドラフト自由獲得枠)(05)

石井裕也 (04年ドラフト6巡目)(05)

藤井淳志 (05年大学生・社会人ドラフト3巡目)(06,06V)

新井良太 (05年大学生・社会人ドラフト4巡目)(06)

平田良介 (05年高校生ドラフト1巡目)(06)

浅尾拓也 (06年大学生・社会人ドラフト3巡目)(07)

堂上直倫 (06年高校生ドラフト1巡目)(07)

山内壮馬 (07年大学生・社会人ドラフト1巡目)(08)

大島洋平 (08年ドラフト5巡目)(10)

祖父江大輔 (13年ドラフト5巡目)(14)

又吉克樹 (13年ドラフト2巡目)(14)

04の中村公治は「燃えドラ30周年」の原点回帰表現による登場である。
07では06年高校生ドラフト1巡目指名の堂上直倫が「堂上兄弟」で登場する。

ミラクル
主に変化球投手の紹介に使われる。
表現選手
74投法松本幸行、渋谷幸春
79投法松本幸行、藤沢公也
82ガッツ石井昭男
88左腕杉本 正、米村 明
04投法山本昌広

82 だけは打者の石井昭男で「ミラクル」の表現が使われている。
04の山本昌広は「燃えドラ30周年」の原点回帰表現による登場である。


「君づけ」される選手

「燃えよドラゴンズ」に登場する選手は、よく「〜君」という形で紹介され、親しみある印象を与えている。
この「君づけ」される選手を調査した。

選手紹介
大島康徳74一発長打の大島君
江藤省三74代打男の江藤君
藤波行雄74期待のルーキー藤波君
江藤省三V2代打男の江藤君
T.マーチンV2頼みの助っ人マーチン君
大島康徳V2躍る若竜大島君
土屋正勝V2期待のルーキー土屋君
田尾安志77上昇気流の田尾君に
大島康徳77今年も一ぱつ大島君
正岡真二77レギュラーダッシュだ正岡君
伊藤泰憲77飛び出せ藤波 伊藤君
伊藤泰憲79力のスイング伊藤君
石井昭男79ガッツのかたまり石井君
藤波行雄79ミートの天才藤波君
川又米利79期待のルーキー川又君
石井昭男82ミラクルガッツの石井君
藤波行雄82天才ミートの藤波君
川又米利82生まれ変わった川又君
尾上 旭82期待のルーキー尾上君
大島洋平10俊足好打の大島くん
英智10守備(まもり)は(岩崎達)英智くん

82まではほとんどの楽曲で「君づけ」表現がされていた。それ以後、「燃えドラ30周年」の歌詞表現の原点回帰の04でも表現されていなかったが、10で大島洋平が28年ぶりに表現された。これは、はじめて74で「一発長打の大島君」と「君づけ」表現された「大島君」にちなんでの復活表現か。
「君づけ」表現がされなくなったのは、後年になるにつれ1曲当たりの登場選手数も増えている事も理由のひとつであろう。 登場選手を見ると代打陣が多い事が分かる。


8番に関する傾向と対策

「燃えよドラゴンズ」の8番は、優勝、監督の胴上げを歌うパートである。
ほとんど「きまり文句」となっているが、表現が変更されたりしている場合があり、その内容を検討した。
なお、「ナゴヤドーム合唱編」(,ド04)は3番を対象とし、「選手別応援歌2008収録版」()は2番を対象とした。

「祈る気持ち」か「あの感激」か
「燃えよドラゴンズ」の8番では、皆が優勝を待っている事を歌うが、「祈る気持ち」で待っているのか、「あの感激」を待っているのかの2パターンがある。
「祈る気持ち」
25曲 :  74, V2, 82, 87, 87B, 98, 99, , 99V, 00, 02, 04, 04ド, 05, 06, 06V, 07, 07V, , , 08, 11, 14,

「あの感激」
3曲 :  77, 79, H5

その他
9曲 :  88, 91A, 91C, , 名M, , 08球, 10, 10球



「いいぞがんばれ」と「がんばれがんばれ」
「燃えよドラゴンズ」の曲の最後(8番の最後)は、サビの2回くりかえしで終わるが、歌詞に若干の違いがある。
74, V2, 77, 79

がんばれがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ
がんばれがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ
 

82, 87, 87B, 88, 91A, , 91C, H5, 98, 99, , 99V, 00, 名M, 02, , 04, 04ド, 05, , 06, 06V, 07, 07V, , 08, 10, 10球, 11, 14,

いいぞがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ
がんばれがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ
 

08球

いいぞがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ
V2 V2 ドラゴンズ 燃えよドラゴンズ
 

82以降は現在の形になった。

優勝記念盤
優勝した年は「優勝記念盤」がリリースされる場合がある。この場合は最後の8番は楽曲の〆になるので、特徴的な表現になる場合がある。
「燃えよドラゴンズ!99 優勝記念盤」(99V)
優勝記念盤独自の表現はなく、99と同じである。

「優勝記念盤 燃えよドラゴンズ!2006」(06V)
優勝記念盤という事で、表現が「〜願ってた」「〜待っていた」といった過去形となっている。また、胴上げが「オレ竜監督」ではなく「落合監督」となっている。

「燃えよドラゴンズ!2007 日本一記念盤」(07V)
「優勝記念盤 燃えよドラゴンズ!2006」同様、表現が過去形となっている事と、ナゴヤドームで日本一を決めた事を「願ってた」となっている。

「燃えよドラゴンズ!2011 連覇記念盤」(11)
こちらも「優勝記念盤 燃えよドラゴンズ!2006」、「燃えよドラゴンズ!2007 日本一記念盤」同様に表現が過去形となっている。また、「連覇で勝ち取り日本一」となっている。

1974年は「燃えよドラゴンズ」がリリースされた年、1982年、1988年、2004年、2010年は記念盤のリリースはなかった。
2010年は、優勝決定時に10のリリースが発表され、その後制作されたが、優勝記念盤とはなっていない。
逆に、2011年は、連覇が現実味を帯びてきた優勝直前の時期に、連覇達成時に「連覇記念盤」としてリリースされる事が発表されたため、通常の「レギュラー燃えドラ」がリリースされていない事になる。


1番に関する傾向と対策

ぼくらは、どのようにしびれさせられるのか
「燃えよドラゴンズ」の1番は「遠い夜空にこだまする」の歌い出しが定番だが、「ぼくらを◯◯◯としびれさす」の表現について微妙に変化がある。

じいん
74,V2, 77,82, ,名M

ジーン
79,87B,

ジン
87,91C, 91A,H5

じい〜ん
88

じぃーん
98,99, 99V, 04, 07, , 07V, 08, 08球, 10, 10球, 11

じぃ〜ん
04ド, 05, , 06, 06V

じ〜ん
00, 02, , 14,

なし

いずれも、オリジナルのレコード、CDのジャケットや歌詞カードなどの記載を参考にした。 87Bは、「続山本正之作品大全集」のブックレット掲載分を採用した。


傾向と対策トップページに戻る


無料レンタル